新着情報

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Cosmetics
  4. 世界で鹿児島の1ヵ所にだけ存在する火山白土

世界で鹿児島の1ヵ所にだけ存在する火山白土

吹く風匂いが秋めいて 夏の暑さを 懐かしむ

残暑残さぬ季節の移ろいに、寂しくも、秋の実りが楽しみでもある季節になって参りました。

 

本日はてんげんが創業以来、使用している「火山灰白土」のお話。

1987年創業。当時から変わらぬ鹿児島でも1ヵ所でしか採掘できない白土を使用しています。

シラス台地で有名な鹿児島。

シラス自体はいたる所に存在します。

しかし、純度は軒並み混合物が多いいのも然り。

弊社が使用する白土は40万年の歳月をかけ、深海で研磨され純度の非常に高い白土となりました。

鉱物である白土は大きさもまばらで形も不揃い。

そんな白土をてんげんの長年の研究で完成させた特許技術で加工し化粧品へと開発致しました。

今では「きんごきんご」はじめ様々な商品が生まれました。

自然からの贈り物、火山灰白土。

てんげんはこれからも人、環境に優しい企業を目指して参ります。

 

Today is the story of “volcanic ash white clay” that Tengen has used since its founding.

Founded in 1987.

Uses white clay that can only be mined in one place in Kagoshima prefecture.

Kagoshima is famous for the Shirasu Plateau. Shirasu itself is everywhere.

However, the purity is low due to the large mixing amount.

The white clay we use has been polished in the deep sea for 400,000 years to become a very pure white clay.

White clay, a mineral, is sparse in size and irregular in shape.

By processing such white clay with the patented technology cultivated through many years of Tengen’s research, we have developed it into cosmetics.

Nowadays, various products such as “Kingo Kingo” are born. A gift from nature, white clay of volcanic ash.

Tengen aims to be a company that is friendly to people and the environment.
てんげんofficial Instagramブランド・ショップサイト

 

株式会社てんげん

〒899-5655

鹿児島県姶良市船津1595-2

0120-67-1646

info@kingokingo.jp